67日目:第3回健康診断

なんとなく物憂げなココア。
a0088031_2110978.jpg


ココアの見開かれた視線の先にあるものは何でしょう??答え→まるめ君です…
a0088031_21102254.jpg


本日のガブガブもきてます…最近はフリースの部分じゃなくて素手を狙ってくる…さては素手だと痛いことわかってるな???だったら、手加減してほしいモンだ…(^ ^);
a0088031_21103134.jpg


本日の寝顔:病院で疲れちゃったかな?グッスリ寝てます(^ ^);
a0088031_21104156.jpg


本日は久しぶりに病院です。
まず、家を出る少し前にケージで遊ばせて慣らしておく。
ケージの中には、トイレがしたくなった時のためにペットシーツを敷いているが、
ココアはペットシーツがお好きではないみたい。今日は猫トイレを別に持っていくことにした。
猫トイレを車に積む前に、新しい砂の匂いを嗅ぎつけたココアが早速オシッコ…

いざ病院へ!!
ココアは車の中ではやっぱりニャアニャア鳴きっぱなし。
ケージに顔を押し付けてお岩さんみたいなすごい形相だ…よほど車が嫌いと見える…

今回はセカンドオピニオンとしてハート動物病院へ行くことにした。
病院の待合室に入ると、ココアは文字通り借りてきた猫のように大人しくなった(^ ^);

待つこと30分ほど…ウチの診察の番がやってきた。
まずは検便の結果。寄生虫もなく特に問題なかった。

今日必ず聞かなくてはいけないこと、それは避妊手術の件だ。
発情期らしきものが見られたことを話し、避妊手術がすぐ可能かどうかのお伺いをたてる。
先生の話では、可能は可能だけど生後6ヶ月経過しないウチに手術をすると、
内臓などの諸器官が未発達な状態になる可能性があるのでお勧めはしないとのこと。

避妊手術の目的はモチロン妊娠させないためであるが、
他にも乳ガンや子宮ガンの発症率を抑えるというメリットもあると言われている。
ところが、手術前に一度でも発情を迎えていると、これらの発症を抑える率が低くなっていくそうだ。
ココアは手術までに何回か発情するであろうから、その分それらの病気の発症率が高くなるということだ。
今すぐ手術をすれば未成熟になり、6ヶ月まで待てば乳ガン等のリスクが高くなる…
どっちに転んでも諸刃の剣である…
あとはココアが「乳ガンが何ぼのモンじゃい!!」…ってゆーくらいの強運の持ち主であることを信じよう…

臍帯ヘルニアのほうは、やはり手術は必要だが、
緊急を要する状態ではないということなので、避妊手術の時に一緒にやってもらうことにした。

すっかりココアの爪が伸びてしまったので爪切りもしてもらった。
こんなに思い切り切っていいモンなんだ~と感心してたら、
先生に「自宅で切るときは無理しないでくださいね」…と言われてしまった…(^ ^);

注射など痛いことはされなかったものの、長い診察で疲れてしまったのか、
帰りの車の中ではとても大人しくしていた。抵抗する気力もないってか?

帰宅後も心身ともに疲労した様子…
3時頃まるが来たときだけはカラ元気で頑張ってたけど、あとは寝てばかり。
今日はゆっくり休もうね。
[PR]
by coco-punch | 2006-11-25 21:14
<< 68日目のココア 66日目:ココア4ヶ月のお誕生... >>