22日目:暴れん坊将軍な一日

ココアの大好きな窓辺にて。特に日当たり良好な午前中はお気に入りである。
a0088031_17173572.jpg


昨夜のまる:昨日くらいから、またまるが遊びに来るようになった。この数日は単にグレてただけみたいだ。とりあえず健やかに寝てますね~
a0088031_17183011.jpg


本日のナイスショット:一生懸命毛づくろい・・・おい、そこはまるのベッドだよ・・・
a0088031_17175166.jpg


本日の寝顔:だ・か・ら!そこはまるのベッドだってば!そのまま本寝に突入しそうだったので、もちろん写真を撮った後すぐ下りてもらいました(^ ^);
a0088031_171846.jpg


はじめに、今日からタイトルの「垂れ耳」を「たれみみ」に変更しました(^ ^)
これまでの漢字だと少し硬いイメージだったけど、少しホンワカした感じになったかな?

今日のココアの「カジカジ」「ケリケリ」は壮絶だった・・・
昨日留守番させたことに対する仕返しかと思うほど。

「昨日はよくぞ余を放置しおったな。今は余の相手をすることが、そちの唯一の償いじゃ。」

・・・とでも言っているような暴れぶりである・・・トホホ。

ココアは4人(?)兄弟だ。(ちなみに4匹中、2匹がたれ耳、残りの2匹がたち耳である。)
元の飼い主さんの話だと他の3匹の運動量はたいしたことないとのこと。
どうやらココアだけがずば抜けているらしい・・・

ココアのお母さんはスコティッシュフォールド。
スコティッシュはそもそも運動量が少なく、おとなしいので室内飼いとして人気が高い猫だ。
もちろん、一番の人気の理由はやはりたれ耳にあることは間違いないが。

対して、お父さんの方はというと・・・品種は不明だが、一見アメリカンショートヘア風の猫とのこと。
アメリカでは「ワーキングキャット」、つまりネズミ退治のために飼われることが多く、かつ非常に運動量の多い品種である。
お父さんがアメリカンショートヘアの血をひいた猫だったと仮定した場合、
ココアがその血をより濃く受け継いだとすれば、この暴れん坊ぶりも納得がゆく。

ココアも自分の運動能力が日に日に上がってるのがわかるのだろう。
前は上がれなかったキッチンや本棚にも登って暴れるように。
今日なんぞは網戸を一番下から上まで登ってしまった。猫の爪ってすごすぎる・・・
触られたくないもの、壊されたくないものはココアの手の届かないところに置くようにはしているけれど、このままでは早晩避難場所がなくなる(>_<)

とにかく、ココアには「いけない」「おりなさい」と言い聞かせてはいるのだが、これがどうして言うこと聞かないんだわ。
しかーし!ここで根負けしてはいけない。何度でも下りさせる。そして、ジッと嵐が過ぎ去るのを待つのみ・・・

大きくなればこの暴れん坊将軍ぶりは少し落ち着くのかね・・・?ちょっと不安・・・(^ ^);

そうそう、関係ないけど今夜TBSで「SASUKE」がありますね~うちのココアも特別参加で出してあげたいわ~
「カーテンクリング」上手なんだわ、これが・・・(←わかる人にはわかりますよね・・・?でも今は「カーテンクリング」なくなっちゃったのかな?)
[PR]
by coco-punch | 2006-10-11 17:38
<< 23日目:はじめての外の世界 21日目:はじめてのお留守番 >>